【印刷用レイアウト】

共通メニュー

01月

菜の花みぶな

原材料名 みぶな、菜の花、にんじん、漬け原材料 〔還元でんぷん糖化物、食塩、醸造酢、りんご酢、たんぱく加水分解物〕、 調味料(アミノ酸等)、酸味料
内容量 130g
原料/原産地名 国産
賞味期限 7日
保存方法 要冷蔵(10℃以下)
JANコード 4974958 116358
アレルゲン 大豆、りんご
商品サイズ 220x155
主原料 みぶな

肥培管理表

野菜名 みぶな
品種 京錦
生産地 ■徳島県 板野郡 藍住町
藍住町は清らかな吉野川の流れに面し、町の北側には旧吉野川、中央には正法寺川が流れており、肥沃な地味と温暖多湿で水利の便に恵まれています。
古くから藍染め製品に使用する、波藍の産地としても有名です。
野菜名 菜の花
品種 根コブ抵抗性21号
生産地 ■徳島県阿波市市場町
徳島県の北部、吉野川中流の北岸に位置し、ゆるやかな南面傾斜地で地味肥沃であり、県下有数の農業地帯です。典型的な寡雨地帯(寡雨=少ない雨)で晴天が多く、温暖な気候に恵まれています。
生産者名 斉藤宣夫さん(写真中央後側)

栽培スケジュール

<みぶな>

月旬 栽培暦 基本農作業 写真
9月 上旬    
中旬  
下旬  
10月 上旬  

土づくり(10月上旬)

・土おこしを開始

・元肥の全面散布


中旬  
下旬  

播種(10月下旬から12月下旬)

・圃場に畝を作り、一定の株間で 播種を行っていく。
・ハウスの中はいつも暖かく
・水分補給も忘れずに

11月 上旬  
中旬    
下旬    
12月 上旬  

※途中でしっかり手入れと雑草引き

中旬    
下旬  

 

1月 上旬  

収 穫(1月上旬から3月下旬)

 
中旬    
下旬  

 

2月 上旬      
中旬    
下旬    
3月 上旬      
中旬    
下旬    
使用肥料 酵素でくさ?る 貝石灰粉末 フミロンG
使用目的 土壌改良 土壌改良 元肥

<菜の花>

月旬 栽培暦 基本農作業 写真
9月 上旬  

土づくり(9月上旬)

・前作終了時より、次作の準備
・堆肥、元肥の全面散布


中旬  
下旬    
10月 上旬  

 

定植(10月上旬から10月下旬)

・圃場に畝を作り、一定の株間で 定植を行っていく。


中旬  
下旬  
11月 上旬      
中旬  

収 穫(11月中旬から3月下旬)

・つぼみの段階で収穫を始める。

下旬  
12月 上旬  

 

中旬    
下旬  

 

1月 上旬  

 

 
中旬    
下旬  

 

2月 上旬      
中旬    
下旬    
3月 上旬      
中旬    
下旬    
使用肥料 有機完熟堆肥 有機化成肥料 有機土壌改良剤 炭酸苦く土石灰
使用目的 土壌改良 元肥 土壌改良 元肥

製造工程図

1.原料入荷

入荷した野菜は、担当者がチェック表に基づいて厳しくチェックします。

2.洗浄

チェックに合格したみぶなを、目視により選別・異物除去を行いながら、手作業にて洗浄を行います。
(手順1)
その後、別のタンクに移し、再度、手作業にて洗浄を行います。
(手順2)
手作業による洗浄を終えたみぶなを、洗浄機の強力な泡と水流にて、最終の洗浄を行います。
(手順3)

3.刻み

スライサーでみぶなを刻んでゆきます。

4.混合

漬け込みタンクで下漬したみぶなに菜の花、にんじんを混ぜ合わせます。

5.調味液充填

自動充填包装機で調味液をいれます。

6.金属探知機

金属探知機を通過させ、金属異物があるかないかをチェックします。

7.製品チェック

製品をロット毎にチェックしていきます。

8.製品梱包

検品担当者が目視点検をしながら製品を箱詰します。

9.出荷

ページトップへ

  • お漬け物処 天政松下
  • 細川さんの食いしん坊日記