【印刷用レイアウト】

共通メニュー

12月

大かぶら

原材料名 かぶら、かぶら葉、漬け原材料〔還元でんぷん糖化物、食塩、醸造酢、りんご酢、たんぱく加水分解物〕、調味料(アミノ酸等)、酸味料、酸化防止剤(ビタミンC)
内容量 230g
原料/原産地名 国産
賞味期限 7日
保存方法 要冷蔵(10℃以下)
JANコード 4974958 117959
アレルゲン 大豆、りんご
商品サイズ ???
主原料 かぶら

肥培管理表

野菜名 かぶら
品種 京千枚
生産地 ■岡山県美作市
吉野川、梶並川が地域の南北方向に流れ、豊かな緑と清流などの美しい自然と景観に恵まれています。気候は中国産地に位置しているため天候が変わりやすく、夏季は南から冬季は北から季節風があるのが特徴です。
生産者名 写真は 勝英農業協同組合 営農指導員の土居さん

栽培スケジュール

<かぶら>

    
月旬 栽培暦 基本農作業 写真
9月 上旬 播種

播種・間引き(9月上旬?10月上旬)

・芽が出てしばらくしたら、間引きをしてかぶらを大きくします。
・雑草をこまめに抜き、害虫に注意しながら育てます。

中旬
下旬
10月 上旬
中旬

・本葉2?3枚までに1?2回、本葉5?7枚時株定めを行ないます。

下旬
11月 上旬
中旬
下旬
12月 上旬 ・遮光や養分吸収の偏りを防ぐため、葉や果実を摘み取る作業を行います。(摘葉・摘果)
中旬 収穫
下旬 ・収穫始め頃から草勢を見ながら追肥、かん水を行います。
1月 上旬

収穫(12月上旬?)

・品質固有の大きさになったものから、順次出荷します。肥大速度の速い品種では、収穫の適期を過ぎると、す入りの発現が多くなるので適期収穫に努めます。

中旬
下旬
2月 上旬
中旬
下旬
使用肥料 石灰 堆肥 大根専用肥料 野菜いちばん
使用目的 基肥 基肥 元肥、追肥 元肥、追肥

製造工程図

1.原料入荷

入荷した野菜は、担当者がチェック表に基づいて厳しくチェックします。

2.皮むき

皮むき機で皮をむいてゆきます。

3.洗浄

ヘタを取ったかぶらでタンクを洗浄します。

4.半割

切れ目をいれたかぶらを一つ一つ半割にしてゆきます。

5.下漬

かぶらを漬け込みタンクに入れ下漬します。

6.調味液充填

手作業で、包材にかぶらと共に調味液を入れていきます。

7.金属探知機

金属探知機を通過させ、金属異物があるかないかをチェックします。

8.製品チェック

製品をロット毎にチェックしていきます。

9.製品梱包

検品担当者が目視点検をしながら製品を箱詰します。

10.出荷

ページトップへ

  • お漬け物処 天政松下
  • 細川さんの食いしん坊日記