【印刷用レイアウト】

共通メニュー

12月

紅かぶら

原材料名 赤かぶら、かぶらの葉、こんぶ、漬け原材料〔還元水あめ、しょうゆ、りんご酢、食塩〕、調味料(アミノ酸等)、酸味料、pH調整剤、香辛料抽出物
内容量 150g
原料/原産地名 国産
賞味期限 7日
保存方法 要冷蔵(10℃以下)
JANコード 4974958 117928
アレルゲン 小麦、りんご
商品サイズ 220x155
主原料 赤かぶら

肥培管理表

野菜名 赤かぶら
品種 つがる紅、赤くら
生産地 ■滋賀県近江八幡市大中町
日本最大の湖・琵琶湖の東岸に面した近江八幡市には、古くから琵琶湖の水の恩恵を受けてきました。その美しい風景は、琵琶湖八景の一つに数えられています。美しい風景と豊かな水、それが近江八幡市
生産者名 写真は 大中町生産者のみなさん

栽培スケジュール

<赤かぶら>

    
月旬 栽培暦 基本農作業 写真
8月 上旬

土づくり(8月上旬)

・土おこしを開始、緑肥すきこみ
・堆肥、元肥の全面散布。

中旬
下旬
9月 上旬 播種

野菜づくり(9月上旬から1月下旬)

・夏の暑さに負けないように水分補給
 間引き作業、中耕(なかたがやし)

中旬
下旬
10月 上旬 ※夏の疲れを残さないように途中でしっかり手入れと雑草ひき
中旬
下旬 収穫

収穫(10月下旬から1月下旬)

滋賀エコ自慢!!環境にこだわり農産物認定の、大中湖の赤カブです。エコ自慢とは農薬、化学肥料を通常の5割以下に減らし栽培したものです。

11月 上旬
中旬
下旬
12月 上旬
中旬
下旬
1月 上旬
中旬
下旬
2月 上旬
中旬
下旬
使用肥料 有機燐安化成 緑肥 完全堆肥 石灰 油粕
使用目的 元肥 土壌改良 土壌改良 土壌改良 土壌改良

製造工程図

1.原料入荷

入荷した野菜は、担当者がチェック表に基づいて厳しくチェックします。

2.カット

赤かぶらを規定の大きさにカットします。

3.下漬

漬け込みタンクに入れ下漬けをします。

4.調味液充填

自動充填機にて調味液と共に、袋詰めを行います。

5.金属探知機

金属探知機を通過させ、金属異物があるかないかをチェックします。

6.製品チェック

製品をロット毎にチェックしていきます。

7.製品梱包

検品担当者が目視点検をしながら製品を箱詰します。

8.出荷

ページトップへ

  • お漬け物処 天政松下
  • 細川さんの食いしん坊日記